支え合い

1週間ぶりの更新です。

先週中、ラムセスの肝臓が小さくなったのにもかかわらず、急に貧血状態に・・・

帰宅後、ゲージから出して、ご飯もガツガツ食べ、トトメスと毛布に潜って遊んでゲージに入れました。
元気いっぱいだったのに、30分後にゲージを見るとラムセスだけハンモックにいません・・・
ぐったりと横たわり真っ白な鼻、ただ事ではないのは一目瞭然です!
もしかしたら腫瘍から出血したのかも・・・

病院の診察時間に間に合いそうもないので、電話して車で病院まで。
夕方の混み合う時間帯でなかなか車が進みません・・・
ラムセスに声をかけながら、やっと病院に着き状況を説明してレントゲンで見た処、やはり出血の様です。
ラムセスの今の状態では開腹するのは無理ですし、止血剤とその他の薬を打ってもらい、あとはラムセスの生命力にかけるしかないと祈る気持ちで帰宅しました。

今夜でお別れかもと覚悟をしながら見守っていると、お水を飲もうと這って移動、そしてトイレに行こうと立ち上がり、もしかして血が止まったかも?と。

次の日は自らご飯も食べて回復の兆しが。
それでも安静にしなければ、また何が起きるか分からないので、病院に状況を報告し、安静にする事にしました。
沢山食べてトトメスとも遊びたがる位に回復しましたが、トトメスとの遊びはお預け、食べた後はすぐ休んでもらう事にしています。

ラムセスの生命力には驚きました。
ラムセスに頑張って貰うしか出来ない自分がもどかしいのですが、ラムセスに賭ける事しか出来ません。

クフは血糖値安定により、病気があるとは思えない程絶好調♪
トトメスの遊び相手はクフとなりましした。

今回の写真はクフがラムセスを一生懸命舐めている処です。
ラムセスがグッタリした様に見えますが、うっとりしてる処です♪
クフが具合が悪かった時はラムセスが一生懸命舐めていました。

私よりもケアをしっかりしてくれてる様です(*^_^*)

c0183640_21343245.jpg


c0183640_21345526.jpg


c0183640_21351752.jpg

[PR]
# by kufuramu | 2010-05-16 21:38 | フェレット

至福の時

フェレット達が楽しく幸せそうにしているのを見ると、心から幸せだな~って感じます。

この写真はラムセスの病気が発覚するちょっと前に撮ったものです。

35マクロでいつもと違う撮り方が出来ないものかと、何枚も撮ってやっと撮れた写真です(●^o^●)

2枚目の写真は見ると心が落ち着く気がして気に入ってます♪

c0183640_18353441.jpg


c0183640_18365631.jpg


[PR]
# by kufuramu | 2010-05-09 18:39 |

調子良くなってきました♪

先週金曜日、仕事で帰りがいつもより2時間弱遅くなってしまい(めったにない事なのですが・・・)フェレット達を大急ぎで全員出してみるとクフがご飯も食べず、押し入れに直行してしまいました。

ゲージの中を良く見ると嘔吐後が!
ラムはご飯をガツガツ食べており軽快に走っている所を見ると、嘔吐はどうもクフがしていた様です。
ゲージにクフを戻して見ると震えています。
ご飯をあげようとすると吐き気をみせます。

慌てて夜間救急病院に連れていった処、その時は元気も出て取り合えず帰宅。
翌日様子を見るものの、ご飯を食べない状態なので、日曜日にラムセスの通う病院に連れて行きました。

レントゲン、血液検査の結果、低血糖値を示しておりフェレットの3大疾患であるインスリノーマの可能性大との診断を受けました。

私のいない時に、食べない事で血糖値が下がり発作が起きたら大変な事になります・・・
なんとか食べて欲しいのですが、低血糖により吐き気が収まらず、少し口に入れると更に吐き気が・・・
幸い大好きなジャーキーは食べるのですが、それでは栄養が足りません。
嘔吐もまたあり、2日後、また病院に連れて行くも血糖値は更に低く、薬もまだ効いていない様子です。

何とか私のいる時はこまめに手からふやかしたご飯を食べさせ、居ない時間はジャーキーを食べるのを期待して1週間過ごしました。
お休みの日に観察してみると、ジャーキーだけは起きて食べていました。

序々に吐き気がなくなり、ご飯もふやかした物なら食べる様になり元気も出て来てほっと一安心(^-^)

本日、ラムセスとクフで病院に検査に行きました。

ラムセスはここ3週間、とても元気になりご飯もガツガツ食べて貧血もない様子なので、もしもレントゲンや血液検査で改善が見られなくても、このままの治療で行きたい旨を伝えようと思っていました。

ラムセスは、なんと大きくなっていた肝臓が私が見ても分かる位に小さくなっていて、前回横にはみ出でいた肝臓の一部(腫瘍?)が無くなっていました\(^o^)/
肝機能の数値は高くなっていたのですが、それは小さくなっている事と関係してるだろうとの事。
何より調子が良いのが改善されてる証拠です!

クフの血糖値も正常値に収まりました♪

2匹とも他の数値も改善されており、この治療法で2週間進めて行く事になりました。

トトメスは別居状態ですが、放牧時には嬉しそうに兄達と遊んでいます。

遊べる様になって、ほっと一息。
これからも目の離せない状況ですが、良い状態が持続出来る様に色々ケアしていこうと私自信元気が出てきました(*^^)v

ブログの更新はあまり出来ませんが、撮り貯めておいた写真などUP出来ればと思ってます♪

↓ご飯も食べれる様になりました♪
c0183640_13322544.jpg

トトメスが横取り・・・(~_~;)
c0183640_13325757.jpg

↓病院に行ったのでぐっすりお休みです。
c0183640_13332343.jpg

[PR]
# by kufuramu | 2010-05-08 13:40 | フェレット