支え合い

1週間ぶりの更新です。

先週中、ラムセスの肝臓が小さくなったのにもかかわらず、急に貧血状態に・・・

帰宅後、ゲージから出して、ご飯もガツガツ食べ、トトメスと毛布に潜って遊んでゲージに入れました。
元気いっぱいだったのに、30分後にゲージを見るとラムセスだけハンモックにいません・・・
ぐったりと横たわり真っ白な鼻、ただ事ではないのは一目瞭然です!
もしかしたら腫瘍から出血したのかも・・・

病院の診察時間に間に合いそうもないので、電話して車で病院まで。
夕方の混み合う時間帯でなかなか車が進みません・・・
ラムセスに声をかけながら、やっと病院に着き状況を説明してレントゲンで見た処、やはり出血の様です。
ラムセスの今の状態では開腹するのは無理ですし、止血剤とその他の薬を打ってもらい、あとはラムセスの生命力にかけるしかないと祈る気持ちで帰宅しました。

今夜でお別れかもと覚悟をしながら見守っていると、お水を飲もうと這って移動、そしてトイレに行こうと立ち上がり、もしかして血が止まったかも?と。

次の日は自らご飯も食べて回復の兆しが。
それでも安静にしなければ、また何が起きるか分からないので、病院に状況を報告し、安静にする事にしました。
沢山食べてトトメスとも遊びたがる位に回復しましたが、トトメスとの遊びはお預け、食べた後はすぐ休んでもらう事にしています。

ラムセスの生命力には驚きました。
ラムセスに頑張って貰うしか出来ない自分がもどかしいのですが、ラムセスに賭ける事しか出来ません。

クフは血糖値安定により、病気があるとは思えない程絶好調♪
トトメスの遊び相手はクフとなりましした。

今回の写真はクフがラムセスを一生懸命舐めている処です。
ラムセスがグッタリした様に見えますが、うっとりしてる処です♪
クフが具合が悪かった時はラムセスが一生懸命舐めていました。

私よりもケアをしっかりしてくれてる様です(*^_^*)

c0183640_21343245.jpg


c0183640_21345526.jpg


c0183640_21351752.jpg

[PR]
by kufuramu | 2010-05-16 21:38 | フェレット


<< La vie en rose 至福の時 >>