「ほっ」と。キャンペーン

今年は

今日は久し振りに写真撮影に行ってきました。

撮る気にさせてくれたのは、去年の今頃UPさせて頂いた、モダンガールさんのおかげなんです。
ず~っとブログを放置状態でしたが、先日去年の記事に鍵コメを頂いていたのに気付きました(汗)

そのコメントを入れてくれたのが、モダンガールさん(淺井カヨ様)なんです。
私のブログに辿りついてくれるとは思いもよらず、しかもブログにUPした事を喜んでくださって、私も本当嬉しくなりました(●^o^●)
もう、写真撮れないかも・・・と思っていた私にやる気を起こさせて頂きました(^^)

そして本日「大正祭り」に行ってきました。

とは言え、久し振りの写真撮影で手が震えるのと、ギブスは取れたものの、半分に切ったギブスを包帯で固定している状態では動いている人達になかなか追いつけず(言い訳です・・・汗)かろうじてUP出来るのは数枚のみ・・・(涙)
しかも歩いているお姿はぶれてます(汗)でもパレードの雰囲気もお見せしたいなと・・・

それと、今回も痛切に感じたのですが、ポートレートは難し過ぎます(>_<)

カヨ様にも申し訳ない・・・(-_-;)

お詫びも込めてカヨ様のブログの宣伝をさせて頂きます!
http://moderngirlkayo.blog.shinobi.jp/


カヨ様は今年は洋装です♪全体像が見せられないのが残念です・・・
c0183640_15424468.jpg

去年と同じ構図ですね・・・(汗)ワンパターンの構図ですが今年もお美しく♪
c0183640_1543287.jpg

こちらはカヨ様と共に歩いていた方です。可愛いですね~♪
c0183640_15432944.jpg

ブレブレ写真ですが、こんな感じでパレードなさってました(汗)
c0183640_15421167.jpg

[PR]
# by kufuramu | 2010-10-31 15:55 | その他

ご無沙汰しました。

見ていて下さる方がいるかどうか分かりませんが、どうしてもブログUP、巡りが出来ずに月日が流れてしまいました。
もうこのままブログを辞めようかとも思っていました・・・

ラムセスが虹の橋を渡り、そしてクフも後を追う様に虹の橋を渡ってしまいました。

ラムセスの49日を迎える1週間前位から、薬で安定していた血糖値が急激に下がり、亡くなる3日前位からは予想もしない高血糖になり薬でのコントロールも出来ず、静かに虹の橋を渡ってしまいました。

最後の数時間前には殆ど意識もない状態だったクフが目を開けてくれて、私は血糖値が下がり復活してくれる事を信じ、まったく動けないクフの体を抱きながら1時間起きにスポイトで流動食を少しずつ食べさせる事を試みました。

ラムセスが虹の橋を渡った51日目(10月8日)、もはや流動食を飲み込む力もなくなってしまったクフは、私の腕の中で大きく「ふぅーっ」と息を吐いて虹の橋を渡りました。
その時、トトメスはゲージの中から静かに私達を見つめていました。

クフの患っていたインスリノーマと言う病気は低血糖による発作があり、私も発作で苦しむ事を覚悟していましたが、一度も発作は起こさず、壮絶な最期を覚悟していた私は、腕の中で静かに旅立って行ったクフの最期に「これを私は望んでいたんだよね?」と何度も自問を繰り返し、「ラムセスの傍じゃなくちゃクフは嫌だったのかな?」と何度もクフに話しかけ、何とかクフの旅立ちを受け入れようと今でも自問自答は続いています・・・

クフはラムセスの様に癌特有の痩せ方もしておらず、薬での血糖値安定により元気に過ごしていたので癌と言う事を忘れて過ごしていましたが、体の中で静かに癌細胞は増え続けていた様です。

ラムセス、クフと続けて私の前から姿を消して、ましてやクフはまだ若く、未だにラムセス、クフの事ばかり考えている日々が続いています。

実はクフが亡くなる前の日に、仕事が終わってクフを病院に連れて行く時に足を大きく捻ってしまい、剥離骨折と骨にヒビが入り、今もギブス状態です・・・

金曜日にはギブスが取れる予定なので、それからまた写真を撮れればと思っているのですが。

今まで見て頂いていた皆様のブログにお邪魔する事も出来ず、本当に申し訳ございません・・・
どうしても明るく振る舞う事が出来なかったのが事実です。
もう少しお時間を頂ければと思っております・・・

最後にラムセスとクフの大好きな写真です。
この写真はラムが亡くなるちょっと前に撮ったものです。

c0183640_9463028.jpg

[PR]
# by kufuramu | 2010-10-24 09:52 | フェレット

Thank you for your everything・・・

19日に日付が変わって間もなく、ラムセスが天国に旅立ちました。

前回のブログ更新から、今日までラムセスは辛い素振りも見せずに安らかに旅立って行きました。

本当はかなり辛かったのかもしれませんが、小さい頃から我儘もせず我慢強いラムセスは、見事にそれを全うして私を救ってくれました。

古代エジプトの偉大なるファラオ、ラムセス2世の名前に恥じない立派な生涯だったと、感無量の思いです。

ラムセスの教えてくれた事の数々は、どんな立派な偉人の言葉よりも私の心にしっかり刻まれています。

そして魂の存在を、本気で信じたくても信じきれなかった私に、不滅の魂の存在を確信させてくれました。

そんな大きな大きなラムセスはクフとトトメス、そして私の事をしっかり見守っていてくれるでしょう。

Thank you for your everything・・・

天国に旅立つ4時間程前に撮った最後の写真です。
変わり果てた姿かもしれませんが、精一杯生きた姿が写っていると思いUPする事に決めました。

クフと一緒の写真は本当の最後の1枚。
歩けない体を一生懸命這って移動させクフのお腹を枕に。
心から幸せを感じられる私にとって最高の1枚です。

c0183640_223228.jpg


c0183640_2234144.jpg

[PR]
# by kufuramu | 2010-08-19 22:14 | フェレット